探偵に依頼するなどし、浮気の証拠をつかんで

探偵に依頼するなどし、浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。しかしながら浮気の証拠を自力で手に入れるとなると、相手に見つかるというリスクが高くなります。
なぜでしょう。
答えは簡単で、相手があなたの顔を知っているからです。着る服の趣味が今までとは異なりだしたら、怪しいです。
浮気相手に好かれるための服装にしようとしていたり、ちょっとだとしてもセンスの良いところを見せようとしたりしている可能性も高いです。
突然、服装の色やデザインが年齢とは合っていないものを選択するようになってきたら、かなり怪しい臭いがします。服の中でも、きれいな下着をつけるようになった時、浮気をしているかもしれません。自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。
しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。
慰謝料は、あなたがどういった苦痛を受けたか、夫婦の歳、結婚年数など総合的に判断して裁判所が慰謝料を決めます。
日頃、相手の行動の様子を気をつけてみておくことは他人に頼まなくてもできますが、浮気を認めざるを得ないような証拠を押さえるのには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方がトラブルの心配もなく、安心です。
そして、探偵をお願いした場合は、浮気の証拠を収集してもらうだけにとどまらず、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる、という付加価値もあるのです。
興信所と探偵事務所の違いとしては、変わりはほとんど無いと言っても言い過ぎではありません。両方とも、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような違いのない仕事です。
ただ、あえて言うと、依頼は、企業や団体は興信所に、個人は探偵に頼るようです。