浮気調査の第一段階ですべき事は、浮気している

浮気調査の第一段階ですべき事は、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。
浮気の痕跡が確かでない場合は調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。もしも浮気が確かなこととなれば、次は不倫相手を調査となります。
仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、浮気相手の素性を確定させるのです。事前に成功報酬と言われていても、もし、浮気調査の依頼したとすると、調査期間が3日間だったとしてその3日の間だけは浮気がなかったとすればその調査は成功として扱われてしまいます。
実際には浮気していたとしても、3日の間に浮気が発覚しなければ、浮気とは分からないまま、調査についてはそこで完了し、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。
浮気の調査を探偵に任せ、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。
パートナーが信用できなくなってしまうと死ぬまで一緒にいるとなるとかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。
それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を請求したならば別れさせることも難しくはありません。