相手が言い逃れできないような証拠を

相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚をしないという選択肢もあります。ご夫婦に子供がいる場合ですと特に浮気をした、されたといって離婚などそう簡単にすることなどできません。
養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。同様に、父親が一人で育てる場合も簡単に仕事と両立することはできないでしょう。
せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、肝心の依頼者が普段とは違う態度をとってしまい、パートナーに気づかれてしまって、浮気調査が困難になり、失敗に終わる場合もあります。
浮気調査を探偵に依頼しても、確実に証拠が手に入るわけではないのです。成功しなかったときの調査にかかった費用についても、契約を交わす際に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに取り付けておいて、行動を常時監視し続け、現在いる場所を把握したり、データログを後から読み出し様々な分析をすることも可能です。
あまり、車を運転しない人の場合は、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。
そうすれば、相手がどこに行ったのかやそこで過ごした時間もわかるでしょう。一部の探偵がアルバイトのときがあるのです。探偵のアルバイト情報を調べれば、求人情報が表示されます。
ここからわかるように、バイトに仕事をさせている探偵事務所もいっぱいあるということです。
浮気調査をさせようとするときには、個人情報を教える必要があります。
でも、バイトだと正社員と違ってずっと続けているという保証はないですし、知った情報を誰かに話してしまうこともありえますよね。
レシート、クレジットカードを調べると浮気の証拠をおさえる事もできるはずです。いつもなら立ち寄らないようなコンビニのレシートをしばしば見かけることが多くなったら、その周辺に習慣的に行っている事になります。
そこで見続けていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です