成功報酬の難しいところは、仮に、浮気調査につい

成功報酬の難しいところは、仮に、浮気調査について依頼した場合には、調査期間が3日間あったとしてその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければその調査は成功したということになってしまいます。本当は浮気をしているという場合でも、3日の間に浮気が発覚しなければ、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、調査についてはそこで完了し、成功報酬を請求されるのです。
日々、相手の生活の様子を気をつけてみておくことはだれにも頼まずにできることですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を手に入れるためには、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方が失敗がありません。
それに、探偵にお願いすれば、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。
いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。
領収書やクレジットカードから浮気の証拠をみつけることもあります。まず、普段は利用しないようなコンビニのレシートをしばしば目にすることが多くなったら、その近辺に普段から赴いている事になります。
そこで逃さず見ていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。配偶者が不倫をした場合、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。
しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、慰謝料をもらうことはできません。慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなどいろいろな事を鑑みて裁判官が判断します。
法律の中では、婚姻関係にある人が自分から夫婦ではない異性と性的に親密になることを不倫といいます。つまり、法律的にいうと、性的に親密な関係ではなかったなら、食事や遊びに行ったとしても、不倫ではないのです。男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です