法律の上で、結婚した人が配偶者では

法律の上で、結婚した人が配偶者ではない人と男女の関係になることを不倫と定義しています。
すなわち、法律上では、肉体関係を持っていない場合には、食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではありません。個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。浮気の証拠を握るためには、探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。
とはいえ、探偵への調査依頼は結構なお値段なので、誰でも容易に依頼することのできることではありません。探偵に浮気の調査を頼んだら、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所が変われば調査料は変わってきますから、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。まず探偵に関して言うと、人に怪しまれることのないようきめ細かく配慮しながらいわば地道な調査方法を取りますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、自分の目的を話して公然と調査を行うことが多いです。
探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、対象についての情報収集は興信所が上手いと考えることができます。浮気の事実を調べる為に調査依頼をする場合、法外に低料金だったり、または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、細やかな料金設定がされており、それ以上、料金がかからないような探偵事務所が良いかと考えます。
その他、関係団体に届け出ているのか事前調査が必要です。違法調査を実施しているところへは依頼しないように気を付けましょう。
浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、平均で3〜4日かかるといわれています。最初に断わっておきますが、これはあくまでも一般的なケースです。
パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあるのです。
一方で、浮気するだろうという日が調査の前に分かっていれば、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です