自分の配偶者を調査してもらったところ浮気

自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発見された時、離婚するか気づかないままにするのか選択に困りますよね。
そうならないように、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、よく考えておくことが賢明です。
夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、不貞行為に対する慰謝料を要求して結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。レシートやクレジットカードを確認すると浮気の証拠を把握することもできるはずです。
最初に、普段立ち寄らないようなコンビニのレシートをいつも視界に入ることが多くなったら、普段からその近くに行っている事になります。
そこで逃さず見ていると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。コミュニティ型のWebサイトを通じて浮気の事実が明るみになることもあります。コミュニティ型のWebサイトでは実名を伏せるのでついうっかりパートナーが、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事が多発しているように思われます。
場合によっては、浮気を証明する根拠となる行動を書き込んでいる可能性もあるのです。
相手のアカウントに気づいているのなら調べてみて下さい。